分譲マンションなどの不動産を購入する│駅の近くにあってとても便利

Real Estate

仲介業者に依頼

任意売却のシステムとは

不動産

住宅ローンの返済ができない、そんな時に取るのが任意売却です。 任意売却とは、当該住宅を任意で売却して、その売却金額を住宅ローンの返済に充てるというものです。仮に自己破産をしても住宅は失うことになりますし、その他の大きな財産がある場合はそちらも失われてしまうので、任意売却が最良の手段になるでしょう。 ただし、売却額を返済に充てても尚住宅ローンが残る場合は、その残債務に関しては返済が続きますので、どうしても返済できないとなれば自己破産も検討しなくてはなりません。 メリットとしては債務が大幅に減らせる、退去に融通を利かせられる、市場相場にあった価格で売却できるという点があるため、債務者が損をするということはないでしょう。

専門の仲介業者に依頼

任意売却は素人が行うには難しいのが現状ですので、専門の業者を介して行います。専門業者に依頼すれば手続きがスムーズ、また売却できる確率も高くなるというメリットがあります。 業者には仲介業者と買取業者が存在するのですが、仲介業者は個人や企業などから買い手を探してくれ、買取業者は業者自らが買い手となって住宅を買い取ってくれます。 仲介業者は幅広く販売活動を行うため、買い手も多く見つかる可能性があり、よって高値での買取りが期待できるというのがメリットです。対して買取業者は自ら買い取るため、素早く売却ができ尚且つ買い手が見つからないかもしれないというリスクを回避できるというのがメリットです。 もちろんデメリットもありますので、よく検討して依頼してください。